レバレッジはFXの生命線

レバレッジはFXの生命線

初心者トレーダーがFXを行う上で気をつけなければいけないのは、レバレッジです。
倍率の決め方とタイミングによっては、黒字を上げることもできますが、赤字になって損切りによる強制決済になることもあるからです。
そのために市場の動きを読む必要があるわけですが、まずは正しいレバレッジの決め方を知っていないと危ういです。
FXを始める前に予習しておきましょう。


FXにおけるレバレッジは諸刃の剣だ!

FXを行う上で、投資金の数倍の倍率で取引できるようにしてくれるのがレバレッジです。
冒頭でも述べたように、タイミング次第で黒字にも赤字にもなるハイリスクハイリターンな、まさに諸刃の剣とも言えるでしょう。
現在は最大25倍まで倍率を引き上げることができますが、基本的には5倍程度で取引をしているトレーダーがほとんどです。
取引のやり方によっても変わるため、一概に「この倍率が最適!」とは言えないものなのです。


自分の手法にあった倍率

短い時間ですぐに収益を得たいならば高く、長い時間でゆるやかに収益を得たいならば低く、それぞれレバレッジを設定するべきです。
例えば、数秒から数分の短い取引を繰り返すスキャルピングと、数週間かけて市場の動きを見てから取引を見るスイングトレードという2つの取引方法があります。
スキャルピングでは、少しでも上がった瞬間に決済をするためレバレッジは高い傾向があります。
それに対して、スイングトレードでは分析に時間をかけて一番収益が出るポイントを見定めるため、低めに始める傾向があります。

Comments are closed.